オオクワガタ・ペアセット(84.2mm・52.5㎜)※訳アリ

オオクワガタ・ペアセット(84.2mm・52.5㎜)※訳アリ

スーパーナカニシ

ASIN:B01LXLXUB5

この商品の詳細ページへ

この商品へのクチコミ

商品の仕様

  • ・羽化日2015年5月
  • ・累代CB
  • ・♂情報:体長84.2㎜:符節欠けなし※尻出し・くぼみ(訳)
  • ・♀情報:52.5㎜:符節欠けなし
  • ・寿命:羽化日より2~3年

商品の説明

オオクワガタは最も一般的なクワガタムシの一つであり、愛好者も多くいます。羽化日は2014年5月頃であり、繁殖も可能です。オオクワガタは羽化後、半年程度で交配可能となります。    累代とは血縁関係を意味します。本個体はCB(親が兄弟同士でない)であるので、5代目位までは増やし続けることが出来ます。5代目以降は新たな親を探してあげて下さい。  体長は♂:84.2mm。♀:52.5mmです。一般的なオオクワガタでは、大型の部類に入ります。。♂に僅かな尻出しが見られます。又、尻部分にも僅かな窪みが御座います。画像で確認をして下さい。  現在は専用ケースにて管理をしていますが、ケースを破壊する程の元気さです。普通の虫かごであれば、プラスティック製であると思われるので心配は不要です。  寿命が他のクワガタと比べて長いのが特徴です。平均で2~3年ですが、5年生存したという報告もあります。冬の間は冬眠をします。冬眠のさせ方は商品説明文をご覧下さい。飼育方法の全般が説明されています。  <飼育方法 >  準備段階:昆虫飼育用ケースに昆虫用マットを敷きつめ、昆虫ゼリーをセットした台座と転倒防止用材木を設置します。 <11月以前段階>  昆虫ゼリーは空になり次第交換して下さい。常温(23℃~29℃)にて飼育可能です。  !飼育環境(過度な湿り気等)によっては不快害虫(ダニ、線虫等)が発生します。クワガタを除き、飼育ケースの内容物を日光消毒させてください。クワガタは柔らかめの歯ブラシで優しく洗います。(死にません)! <11月以降段階>  10月後半頃より、餌台に姿を見せなくなりまず。これは冬眠段階に入ったことを示します。冬眠期間中に行うことは、霧吹きによる湿り気の維持のみです。 <繁殖をさせたい場合>  クワガタが産卵するためには、昆虫用の朽木を用意する必要があります。朽木は24時間程、水に浸けてから新聞紙に包み日陰で同じく24時間程、乾燥させます。以上の処理の後、飼育ケースに投入すれば、多くの場合繁殖は成功します。  幼虫は朽木を餌とし、成長します。朽木が小さくなってきたら、上記の処理を行った朽木を追加して下さい。2年程度で元気な成虫が誕生するでしょう。 <大型個体を作るには>  大型個体を作るには、菌糸ビンが有用です。生まれた直後の幼虫は菌糸に負けてしまう為、有効ではありません。2齢幼虫(2㎝以上あれば、程2齢幼虫です)になってから移しましょう。最初は800CC程度の物から、成長に合わせ1200CC程度と大きくしましょう。  菌糸ビンは3か月程度で交換が必要になります。また、温度を23℃程度に保てない環境で飼育する場合は注意が必要です。幼虫は温度が下がると活動を停止します。冬場の菌糸ビン交換は非常に危険です。ご注意下さい。

メッセージ

犬や猫と異なってうさぎやハムスター類等の小さな動物たちは、金銭面からしてすごく変わります。何はともあれどうぶつを育てる時は、いくらか必要になってきます。未だ小さい動物を育てたことの無い方、一度ペット専門店へ行ってみて小動物飼育用品売り場等見て回ってみたら良いと思います。全部のペットに関して、飼いならすために、えさ等必要になってくる製品が要るのです。それをどこで買うか。犬猫等のペット関連用品は、ホームセンターでも販売されています。ペット専門店は当然ですね。さて、ウサギやモルモットというようなペット関連商品はどうなのでしょうか。ペット専門ショップにしか販売していないのでしょうか。量販店に、わんちゃんやねこちゃんみたいにたくさん販売されておりませんが店頭に並んでいます。飼える動物で売れ筋なのが、わんちゃんやねこちゃん、小鳥という種類ぐらいなのでしょうか。ペットといえば頭に浮かぶどうぶつたちです。魚やカメ等の淡水に住む動物も飼えるペットとなっています。こんなどうぶつ以外にも、ここ数年前から人気を集めているどうぶつがいる。それは、うさぎやハムスター等なのです。他にも、サル、豚といった動物達もペットとして近頃も人気のどうぶつです。うさぎやモルモットを育てるのなら、小動物飼育用品売り場で購入することになるのです。小動物となって取り扱う事なるのです。さあ、簡略ですけれども、どんな製品が販売されているのか紹介していきます。ペットに相応しい飼育用品を買うわけなのですが、最低でもうさぎは、数千円前後で育てるためのキットが。整いますかごに入れたままのお世話がベースになってくると考えられます。ワンちゃんやネコちゃんのように放し飼いは、しつけ慣れてからにしたほうが良いでしょう。ハムスター等の際は、数千円ですべて揃うのです。小さな動物なので、ちいさなプラスチックケースに入れておくだけで良いんです。給水ボトル、固形フードなどのウサギやモルモットの食べ物。アルファルファ等の草類。小さい物から大きな大きさのかご。おやつ。かじり木。やはり、小動物は、イヌやネコと異なり結構少ないのです。値段は、小動物のもののほうがお手頃です。食欲や飼えるペット本来のサイズもありますから、小さめに作っております。だけどペット用品は高額な商品ばっかりなのです。そういう小さい動物の飼い方は、各々違ってます。餌代はどのくらいなのでしょうか。ウサギの場合は、ひと月数千円程度。だけど与えている餌によって異なります。ハムスター類は、更にやすく、数百円程度で生きている場合もあります。ほかのどうぶつは、事により、犬や猫を上回る価格になってしまう動物もいるのです。

ページの先頭へ

携帯用QRコード

オオクワガタ・ペアセット(84.2mm・52.5㎜)※訳アリの携帯用QRコード